スペシャルティコーヒーとは

一言でいえば
『厳しい基準を満たす最高品質のコーヒー豆』。
コーヒーの世界格付けではTOPに位置します。

対するは『コモディティ(日用品)コーヒー』。
コマーシャルコーヒーとも呼ばれスーパーや大手コーヒーチェーン店などで扱うコーヒー豆。『こだわりの』とか『厳選された』など書いてあっても、まったくの別格です。
そして目にするコーヒーのほとんどはコモディティコーヒーです。

スペシャルティコーヒーとは、豆の生産地・品質からカップに注ぐまでの徹底した品質管理を行ったコーヒーで最高品質を誇ります。

 

スペシャルティコーヒー
真の目的

2015年くらいから、大きな潮流となったスペシャルティコーヒー。
スペシャルティコーヒーの最高品質は最大の魅力ですが、本質は、『SDG’s』や『サスティナブル』の前身ともいえるコーヒー業界の革新でした。

コーヒーが飲まれるようになったのは17世紀ごろ。
世界的な普及に伴い、しだいに質より量が求められ、大量生産大量消費の時代が長く続きました。薄利多売のあおりは、最も生産者にしわ寄せがいきます。
結果、対価が見合わない仕事なんて誰もやりたがりません。
そのような状況が危惧され『コーヒー生産者を守り、コーヒーの品質を上げていくことが、消費者のためにもなりコーヒーの未来をつくる』と、アメリカでスペシャルティコーヒー協会が設立されたのは1982年のことです。
品質を大切にし、すぐれたコーヒーには適正な価格をつけ、安定した生産を実現させ、何よりも搾取の対象であった生産者への還元を目的としています。

日本では2003年に日本スペシャルティ協会が設立。
世界のスペシャルティコーヒー流通は5%ほどしかなく、かの有名な大手コーヒーチェーン店もシアトル系を宣伝していますが『コマーシャルライン』、一部『プレミアムライン』です。
しかし、世界的な潮流は間違いなく『持続可能な社会』へ流れており、コーヒーも例外ではありません。

 

スペシャルティコーヒー
という新世界

高品質な豆は、深く焙煎しません。
深煎りだと、せっかくの豊かな香りが苦味で分からなくなります。
逆に深く焙煎する苦いコーヒーは、コマーシャルラインによく使われる手段で、苦くしないと青臭く酸っぱさが目立ってしまいます。
香りの乏しさを苦味でカバー(誤魔化)します。

苦いコーヒーに慣れていると、
スペシャルティコーヒーはその刺激が少ないことにより、『酸味』とか、『うすい』など一言でかたずけられることも少なくありません。
しかしながら、高品質なコーヒーは余韻が違います。
繊細で奥行きのある味わいとフルーティで複雑な香りに気づいた瞬間から、あなたはきっとその虜になるでしょう。

高品質なコーヒーは香りが複雑です。
スペシャルティコーヒーを飲み続ければ、香や味の微妙な違いがわかるようになります。
そう長くはかかりません。
自分の言葉で香りを少し表現できるようになったら、たまにスペシャルティコーヒー以外のコーヒーを飲んでみてください。今まで美味しいと飲んでいたコーヒーでも、グレードの差がはっきりと分かり愕然とするでしょう。
あなたの官能レベルが格段に上がったのです。

コーヒーの奥深さを知ったあなたは、もう今までのあなたではありません。
addCoffee は、スペシャルティコーヒー100%
まだ人が知らない世界を、ぜひ体験してください。

 

PAGE TOP